はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

第30章 人類への貢献に参加を

地球外知的生命体探査プロジェクトは終了しました。近い将来、治らなかった病気等が根治できるよう World Community Grid プロジェクトに、あなたのコンピューターコンピューターの空き時間を使わせて頂くだけで、人類を救っていただけませんか。

トップへ戻る

1 地球外知的生命体探査

 1)  SETI@home

地球外知的生命体探査プロジェクト「 SETI@home 」は、1999年5月17日以来約20年間に渡りデータの分析を行ってきましたが、2020年3月31日に新しいデータがなくなったので、私のパソコンの「地球外知的生命体探査」も終了しました。

ETI@home の分析に使うデータは、プエルトリコにあったアレシボ天文台の305m電波望遠鏡が35年間にわたって受信したものが主に使われていたが、アレシボ天文台の電波望遠鏡鏡は老朽化で崩壊しました。

2020年3月31日、新規のデータユニットの配布は停止され、期限切れやエラー、中止などにより再送信されたデータが全て処理されるまで数か月を要しました。2020年10月29日現在、全てのデータの処理を終えることができました。

プロジェクトは地球外知的生命体の証拠を見つけるという目標を達成していませんが、科学界にインターネット上の分散コンピューティング・プロジェクトが分析ツールとして有効であることを示し、最新のスーパーコンピュータにも匹敵しうることを示しました。

今後は、中国が2016年に建設した直径500mの世界最大の電波望遠鏡「天眼」を使い、まったく新しい観測装置を使った新しいプロジェクトを始める予定です。すでに望遠鏡に専用の分析装置を取り付け、探索を始めているそうです。

プロジェクト・チームは、地上由来の電波や人工衛星からの電波などの雑音を除去し、地球外文明からの潜在的な電波信号を識別してランク付けするためのアルゴリズムとソフトウェアからなる「ネビュラ」と呼ばれるシステムの開発を行っているそうです。

期間はひとまず3年間とされ、また解析には前述の「ネビュラ」を活用するそうです。計画には、カリフォルニア大学バークレー校とハーバード大学、カリフォルニア工科大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校が共同で参画しています。

天文学者がこのまったく新しい手段で宇宙を調べることで、新たな天文現象や地球外知的生命体からの信号など、誰も予想していなかったような驚くべきものを発見できる可能性があると期待されています。 SETI@home の再開に期待しています。

トップへ戻る

2 World Community Grid(WCG)

 1) プロジェクトの目的

新たな情報です。あなたが  World Community Grid  プロジェクトへの参加により、近い将来、治らなかった病気等が根治できるようになるかもしれません。あなたはボランティアコンピューティングという方法で、直接、人類に貢献することが可能になります!

2016年1月8日現在、「小児がんと神経芽細胞腫の新薬候補を見極め!」「ナノテクノロジーできれいな水を数百万人に提供する方法を発見!」「太陽光発電に応用できる新規化合物を発見!」と、オフィシャルページよりプロジェクト達成報告がありました。

多くの人々のパソコンはパワーが余っています。この余っているパソコンのパワーを未来へ寄付してみませんか? 特別なことは何もありません。あなたのライフスタイルを変える必要もなければ、パソコン機器の構成を変える必要もありません。

ただ、あなたが利用している間のパソコンの空き時間を使わせて頂くだけなのです。パソコンを長時間起動させておく必要もなければ、制約を受けることもありません。やめたい時はいつでもやめられます。

当然、義務を負うこともありませんので、ご安心を・・・。そうなのです、パソコンの空き時間を未来へ寄付してみませんか? 人類に貢献することができる活動へ参加してみませんか? あなたの決断で人類を救っていただけませんか。

世界中で可能性を待ち望んでいる方への支援を、このプロジェクトで無償で最大級のボランティア・コンピューティング活動を支えてみませんか? 近い将来、エボラ出血熱やコロナウイルスを撃滅できる治療薬が完成するかもしれません。

近い将来、HIVなどの新薬開発により治らない病気が治るかもしれません。近い将来小児に多い固形がんに関連するたんぱく質の無効化薬が完成するかもしれません。近い将来、効率的で衛生的な水の精製方法が発見できるかもしれません。

トップへ戻る

 2) ボインクのインストールを

人類に貢献できるために必要なプログラムは「 Berkeley Open Infrastructure for Network Computing(バークレー・オープン・インフラストラクチャ・フォー・ネットワーク・コンピューティング)」といい、略称をBOUNC(ボインク)といいます。

もともとは「 SETI@home 」プロジェクトをサポートするために開発されましたが、数学、言語学、医学、分子生物学、気候学、環境科学、宇宙物理学などの多様な分野で、他の分散アプリケーションのためのプラットフォームとして一般化されました。

BOUNCは、カリフォルニア大学バークレー校の宇宙科学研究所で開発されました。研究者が世界中の複数のパーソナルコンピュータの膨大な処理資源を利用できるようにすることを目的としています。

BOUNCは、あなたのコンピュータのアイドル時間を多くの科学プロジェクトに提供するためのプログラムです。BOUNCをコンピュータにインストールして起動するとプロジェクトを選択するように求められます。

プロジェクトのスクロールボタンを押して、様々あるプロジェクトの中から下段にある「 World Community Grid 」を選択していただけることを期待しています。これが、人類に貢献することができる活動へ参加できるプロジェクトです。

BOUNCクレジットシステムは、クレジットを付与する前に結果を検証することで、不正行為を避けるように設計されています。クレジット管理システムは、ユーザが科学的にも統計的にも正確な結果を返していることを確認するのに役立ちます。

グリッド・テクノロジーは簡単かつ安全に使用できます。小さなプログラムをあなたのパソコンにダウンロードしてインストールしてください。プログラムを起動させたら、あなたの氏名とメールアドレスやパスワードなどを登録してください。

次の青入りの文字をクリックすると、BOINC をインストールできるボタンが表示されます。ボタンを押して BOINCをコンピュータにインストールした後、プロジェクトを選択するように求められます。「 World Community Grid 」の選択を期待しています。

トップへ戻る

3 これまでに終了した研究

 1) マイクロバイオーム免疫プロジェクト

何兆もの細菌があなたの体の中と体に住んでいるのを知っていましたか? ヒトマイクロバイオームの包括的な研究では、科学者がこれらの細菌が病気で果たす役割を理解するのを助けることができました。

 2) オープンジカプロジェクト

科学者がジカウイルスと戦うために抗ウイルス薬を探すのを助け、妊娠中に母親が感染した子供の出生時欠損を含む重度の神経学的問題を引き起こす可能性があります。。

 3) エイズウイルス

FightAIDS@Homeの第1段階は、HIV研究において大きな進歩を遂げた。ウイルスが進化するにつれて、研究チームは現在、有望な抗HIV薬をよりよく識別するための新しい分析技術の使用を開拓しています。

 4) エボラ出血熱

エボラ出血熱は、感染した犠牲者の最大90%を殺す致命的なウイルスです。科学者がエボラウイルスと戦うために最も有望な薬のリードを見つけるのを助けるために、コンピュータを使用してください!

 5) ゲノムの謎を解き明かす

ゲノム謎を明らかにすることは、オーストラリアの海岸線の海藻やアマゾン川のサンプルに含まれる微生物など、多種多様な生命体から2億近くの遺伝子を調べることを期待しています。

トップへ戻る

 6) 淡水資源の管理

水は地球上で最も豊富な資源ですが、世界は多くの困難な水関連の問題に直面しています。人間の活動が大きな流域に及ぼす影響を研究し、この重要な水資源の回復、健康、持続可能性につながる行動についてより深い洞察を得ることです。

 7) シストソーマ

シストソーマへのセイノープロジェクトの使命は、おそらく住分裂症の治療に開発することができる潜在的な薬物候補を特定することです。病気のための効果的な治療につながる可能性があり、最も有望な化合物を見つけるのに役立ちます。

 8) マラリアとの戦い

マラリアとの戦いプロジェクトのGOの使命は、マラリアの薬剤耐性形態を治す新薬に開発することができる有望な新薬候補を発見することです。ワールドコミュニティグリッドのコンピューティングパワーを使用して実行します。

 9) リーシュマニア症索

リーシュマニア症の薬物検索の使命は、リーシュマニア症の治療薬に開発される可能性のある潜在的な薬物候補を特定することです。ワールドコミュニティグリッドの広範なコンピューティングパワーが実行に使用されます.

 10) きれいな水のために

新種のフィルター材を通る水の効率的な流れの発生について、分子レベルのより深い知見を提供することです。 この知見によって、より低コストで効率的な水フィルターの開発が今後進むでしょう。

トップへ戻る

 11) クリーンエネルギープロジェクト2

The Clean Energy Project の使命は、次世代の太陽電池や、さらにはエネルギー貯蔵装置の新素材を見つけることです。

 12) デング熱薬の発見

プロジェクトの使命は、デング熱、C 型肝炎、ウエスト・ナイル脳炎、黄熱病、および関連する他のウィルスと闘うための有効な薬剤を発見することです。

 13) 神経筋疾患

神経の病変を通じて間接的に筋肉の機能を損なう疾患のグループ (200種以上) の総称です。 治療技術の進歩にもかかわらず、神経筋疾患にかかった人を根治させる治療方法は現時点ではありません。

 14)  インフルエンザ抗ウイルス薬索

体内でのインフルエンザの感染拡大を食い止めることができる新薬を発見することです。この研究では具体的に、薬物耐性を持つインフルエンザ株および新しく発現しているインフルエンザ株に取り組んでいます。

 15) 小児期の神経芽腫

小児に最も発生頻度の高い固形がんの 1 つである神経芽腫に関連する 3 つの特定のたんぱく質を無力化することができる薬を発見することです。

トップへ戻る

 16) 次世代の太陽電池

太陽放射を効率的に収集し、後で使用するためにエネルギーを保存し、保存されたエネルギーを必要に応じて再変換する新素材を発見することにより、化学はこの課題に応えることができます。

 17) 稲のたんぱく質構造

世界人口の過半数にとって、米が主食です。粘性が高くて栄養価が高く、収量の多い稲の品種を開発するなら、何十億人という人々に、より良い生活をもたらすものとなります。

 18) がんと関連のあるタンパクく質

がん解明と治療法開発に意味ある貢献をするには、がん転移への対応が可能な新療法アプローチを発見するだけでなく、初期段階で病気を検出できる診断マーカー (病気の兆候) を特定する必要があります。

 19) アフリカの気候プロセス

アフリカの特定地域に関する気象モデルとしてより正確なものを開発することです。 それは、今後気候がどう変化するかを調べる基礎となるものであり、気候変動による悪影響を軽減するためのより良い指標の実現につながるものです。

 20) ウィルスの複製を抑制

フラビウィルス科に属するウィルスの複製を抑制するための有効成分を発見するというものです。 デング熱、C 型肝炎、ウエスト・ナイル熱、および黄熱病の各ウィルスなど、この科に属するウィルスは、先進国と発展途上国の両方にわたって健康上の重大な脅威を引き起こしています。

トップへ戻る

 21) 生物の遺伝子配列

未知の機能の遺伝子配列を研究する科学者は、別の生物にある、既知の機能の類似する遺伝子配列と比較することで、生体内での遺伝子配列の役割に関して重要な手掛かりを得られる可能性があります。

 22) ガン

ガン生物学についての理解を深め、新しい治療方針を示すガンの新しいサブクラスを明らかにします。さらに、ある治療計画に反応する可能性が最も高い患者集団を正確に特定することが可能になり、将来の薬剤設計に必要な情報も提供します。

 23) タンパク質の研究

人間の分泌タンパク質の働きについて理解することは、研究者が血液やその他の間質液中で未知の機能を持つたんぱく質の働きを発見する上で役立つ可能性があります。

 24) ヒト免疫不全ウィルス

HIV ウィルスに対する効果が最も良い分子をコンピューターで探し、研究室で選択およびテストすることができます。増加し続けるボランティアの力を合わせることにより、かつてない速さで、より優れた治療法を見つけることが可能になりました。

 25) ヒト・ゲノムのドラフト配列

私たちの生命を維持するすべての機能を実際に行っているのは、遺伝子から作られたタンパクく質です。しかし科学者はまだ、ヒトタンパクく質の大部分の機能を解明していません。各たんぱく質がどのように人間の健康に影響するかを理解することで、科学者は、人間の病気に対する新しい治療法を開発できます。

トップへ戻る

4 現在行われている研究

 1) オープンパンデミック

COVID-19 は、コロナウイルスファミリーのウイルスである SARS-CoV2 によって引き起こされる疾患です。これらのウイルスは、主にヒト呼吸器系および潜在的に他の主要な器官に影響を与える疾患を引き起こし、重篤な病気や死につながる可能性があります。

科学者たちは、COVID-19 の治療法開発の候補を探すために分子モデリングシミュレーションを行っていますが、成功するためには何百万もの模擬実験室実験を行うためには大規模なコンピューティングパワーが必要です。

研究チームは、COVID-1919 の治療法を見つけるのを助けるだけでなく、すべての科学者が将来のパンデミックの治療法をすばやく探し出すのに役立つ迅速な応答、オープンソースツールキットを作成したいと考えています。

このプロジェクトの主な目標は、COVID-19 の潜在的な治療法を探すため、SARS-CoV2(COVID-19 を引き起こすウイルス)のタンパク質を研究することが最優先事項です。

さらに、科学者は現在の緊急事態だけでなく、おそらく続く可能性が高いものに備えたいと考えています。将来のパンデミックは、突然変異の進行的な蓄積に起因する可能性があり、最終的には新しいウイルス変異体につながる可能性があります。

あなたが送り返した結果(ワークユニットや研究タスクと呼ばれることが多い)を受け取り、世界中の他のボランティアから何十万もの結果と組み合わせて、スクリプス研究チームに送ります。その後、研究者たちはデータを分析する難しい作業を開始します。

電子メールの入力などあなたの定期的な活動について行っている間、インターネットを閲覧またはあなたのコンピュータがアイドル状態の時に控えめに行われます。このプロセスは一晩で起こるわけでなく、何年もかかるものや不可能なものまで加速します。

トップへ戻る

 2) アフリカに降雨を

あなたのコンピュータがサハラ以南のアフリカで暴風雨のシミュレーションを実行することができ、これらのシミュレーションを使用して農家が作物を上げるのを助けることができます。

サハラ以南のアフリカでは、農業の95%が降雨に依存しており、正確な天気予報が絶対に重要です。ただし、この地域の降雨量は、多くの場合局地的により大きな気象パターンを示す衛星データを使用して正確に予測することは困難です。

研究者は、サハラ以南のアフリカにおける局所的な暴風雨の高解像度コンピュータシミュレーションを作成します。気象会社の降雨データ、衛星データ、地上観測と比較されます。これは、科学者がこれらの嵐をよりよく理解し、予測モデルを改善するのに役立ちます。

最終的には、サハラ以南のアフリカの降雨予報が正確になります。さらに、農家はいつ植えるかについてのよりタイムリーな情報を提供し、保険を受け取るのを助け、気候変動に直面してもより弾力性を持つ可能性があります。

あなたが送り返した結果(ワークユニットや研究タスクと呼ばれることが多い)を受け取り、世界中の他のボランティアからの何十万もの結果と組み合わせて、Delftの研究チームに送ります。その後、研究者たちはデータを分析する難しい作業を開始します。

アフリカ降雨プロジェクトの主任研究者ニック・ファン・デ・ギーセン教授は、「このレベルの決議でこれまでに行われたことがない雨季全体でアフリカの大部分をマッピングするのは初めてです」と述べています。

トップへ戻る

 3) スマッシュ小児がん

年間約 300,000 人の子どもが小児ががんと診断され、約 80,000 人ががんにより命を落としています。この研究活動は、科学者による神経芽腫 (小児に発生頻度の高いがんの一種) に対する有効な治療法の発見をサポートするものです。

現在、同じ科学者たちが、そのチームと研究を拡大し、”Smash Childhood Cancer ~小児がんと闘う子どもたちへのITでの支援”プロジェクトとして、他の種類の小児がんも含めて、新しい薬剤候補の探索に取り組もうとしています。

この 20 年の間に、アメリカ食品医薬品局が承認した小児がん治療を目的とする新薬はわずか数種類でした。 現在、小児がんの子どもたちに使用されている化学療法の半分は、四半世紀、またはそれ以上前から存在するものです。

研究チームのメンバーはすでに、一部の小児がんにおいて重要な役割を果たすたんぱく質やその他の分子を特定しています。 現在の課題は、これら重要な分子をターゲットとした薬剤候補の特定し、がん細胞を制御することです。

数百万の可能性の中からこうした薬剤候補を特定することは、多大な費用を伴う困難なプロセスです。これらの薬剤候補の有効性は、数百万件の仮想科学実験をボランティア所有のコンピューター端末または Android 端末上で実行することでテストできます。

こうして行われる計算によって、がん細胞内のターゲットである個々の分子の機能を制御し、高い効果が期待できる抗がん剤候補分子を特定します。 その後、実験室でのテストにより、それらの薬剤分子の中から、さらなる研究と新薬開発を目指して、最も効果の高いものが特定されます。

神経芽腫に加え、科学者たちは、脳腫瘍、ウィルムス腫瘍(小児の腎臓がん)、肝芽腫(小児の肝がん)、胚細胞腫瘍、骨肉腫(小児の骨がん) をも対象にした治療法の開発に目を向けています。

プロジェクトによって特定された薬剤候補は通常、実際の治療法にするための様々な開発プロセスに進みます。 例えば、効力の増強、毒性の除去、投与法の改善などを行うために、研究者たちは薬剤分子を改良する必要があるかもしれません。

プロジェクトによって、この研究チームや他の科学者たちがさらに短時間のうちに開発段階へ進むことが出来、そして、小児がん治療の最終的な目標に到達するようになることが望まれます。

トップへ戻る

 4) 結核

世界の人口の3分の1が結核菌を抱えており、2014年には150万人が死亡し、世界で最も致命的な病気の一つとなっています。研究者がこの病気についてもっと学び、それを克服する方法を学ぶのを助けることができます。

結核菌は、活動性結核病に変わる機会をつかむ前に、しばしば長期間休眠状態に保たれる遅いキラーである。貧しい栄養、老齢または弱体化した免疫系はすべて活動的な結核の発症を沈殿させる可能性がある。

それは空中疾患であり、ほとんどの場合、誰かの肺に入る咳からの液滴を介してある人から別の人に広がる。症状は咳、体重減少、発熱から始まり、呼吸困難や血液の咳に発展し、他の臓器に広がる可能性があります。

結核と闘うためにワクチンといくつかの薬物が開発されているが、結核菌は利用可能な治療法に対する耐性を進化させてきた。薬物治療は最長2年間続く可能性がありますが、患者が治療を中断または中止すると、細菌は抵抗性を発症する可能性があります。

これは、薬物の一貫性のない可用性と共に、免疫系が弱いHIV患者に対する感染リスクの増加と共に、すべてこの病気の復活に寄与している。ヨーロッパの症例の半数近くが現在、少なくとも1つの薬物に耐性であり、世界中のすべての症例の4%が薬物の組み合わせに耐性である。

細菌は、多くの薬物および患者の免疫系からそれを保護する珍しいコートを有する。このコートの脂肪、糖、タンパク質の中で、結核菌にはマイコリン酸と呼ばれる脂肪分子の一種が含まれています。

ヘルプストップTBは、ワールドコミュニティグリッドのメンバーから寄付された膨大な量のコンピューティングパワーを使用して、結核菌に対する保護を提供する方法をよりよく理解するために、多くの構成でこれらの分子の挙動をシミュレートします。科学者たちは、最終的にこの致命的な病気のためのより良い治療法を開発するために得られた情報を使用したいと考えています。

トップへ戻る

 5) がんマーカーのマッピング

癌は、世界中の主要な死因の1つであり、制御されていない細胞増殖が身体の他の部分に広がる可能性のある多くの異なるタイプおよび形態で来る。未チェックで未治療の癌は、最初の部位から身体の他の部分に広がり、最終的には死に至る可能性があります。

この疾患は、細胞の成長を制御する生物学的メカニズムを妨げる遺伝的または環境的変化によって引き起こされる。これらの変化は、正常な細胞活動と同様に、DNAやタンパク質などのユニークな化学指標の存在を通じて組織サンプルで検出することができ、これらは一緒に「マーカー」として知られています。

マーカーのパターンは、個人が特定の形態の癌を発症しやすいかどうかを判断することができ、また、特定の個人のための最良の治療法を提案するのに役立つ、疾患の進行を予測 することができます。例えば、同じ形態の癌を有する2人の患者は、異なる結果を有し、異なる遺伝的プロフィールのために同じ治療に異なる反応を有する可能性がある。

いくつかのマーカーは、特定の癌に関連することが既に知られているが、癌は非常に不均質であるため、発見されるべきより多くがあります。

世界コミュニティグリッド上のがんマーカーのマッピングは、様々なタイプの癌に関連するマーカーを特定することを目的としています。このプロジェクトは、何千もの健康で癌性の患者組織サンプルから収集された何百万ものデータポイントを分析しています。

これらには、肺、卵巣、前立腺、膵臓および乳癌を有する組織が含まれる。これらの異なるデータポイントを比較することにより、研究者は異なる癌のマーカーのパターンを特定し、様々な治療オプションへの応答性を含む異なる結果と相関させることを目指しています。

がん治療の改善とパーソナライズ:がんを早期に検出し、リスクの高い患者を特定し、患者の

がん研究を加速し、マーカーを同定するための全体的なプロセスを改善する:マーカーを同定するプロセスを洗練することで、研究者は個々の患者のマーカーをより簡単に決定することができ、将来の大規模なデータセットをより効率的に分析することができます。

トップへ戻る

参加要請

トップへ戻る

参考文献: