はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

 ♪ 季節のうつろい ♪

幹線道路の様子 50年ぶりの大雪でも幹線道路は除雪されました。

生活道路の様子 生活道路は積みあがった雪で一車線しかありません。

歩道の様子 歩道の左右に雪が積み上がり、やっとすれ違える細さです。

マンションの屋根の積雪屋根に積もった雪はいまにも落ちそうです。

工場の屋根の積雪 建物のそばを通ったら命の保証はありません。

>電線にとまったむく鳥 渡ってきたむく鳥があまりの大雪にびっくりしています。

遊歩道の様子 遊歩道の除雪は完璧で、大人はランニングをしています。

雪山で遊ぶ子ども 公園で雪遊びをする子どもたちの歓声が聞こえます。

季節のうつろい2017  ⇒ 1月中旬




2017年1月元旦 明けましておめでとうございます

気温がマイナス10℃となった風のない穏やかな朝が明けると、ナナカマドの赤い実が綿帽子をかぶって現れました。このような姿をいつでも見れそうですが、10年以上もこの日が来るのを待ちました。ナナカマドの赤い実

佐伯孝夫作詞で吉田正作曲の「寒い朝」に「北風の中に聞こうよ春を」という歌詞があります。寒さが体の芯まで冷える乾いた空気の中で、サラサラした粉雪がナナカマドの赤い実に積もりました。帽子をかぶった赤い実は北風に耐えながら春を待ち望んでいるように見えます。

じっと眺めていると、白雪姫の童話に出てくる小人たちが、木の枝にぶら下がって楽しそうに遊んでいるようにもみえます。

トップへ戻る

季節のうつろい2017  ⇒ 1月中旬