はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

 ♪ 季節のうつろい ♪

アジサイの花蝦夷梅雨が終わるとアジサイが満開です。

野菊の花 可憐な野菊がひっそりと咲いています。

コスモスの花 秋桜と呼ばれるコスモスが花をつけました。

タチアオイの花 陽の光を浴びてタチアオイが満開です。

ラベンダーの花 ラベンダーの花は可憐です。

レッドカーラントの実 カリンズと呼んでいるレッドカーラントの実。

歩道沿いの花壇のペチュニア 歩道の街路樹下に植えられたペチュニアの花。

環状線分離帯のバラの花 環状線の分離帯には白石区の花、バラが満開です。



2016年7月中旬 汗が滲みだす季節

むかしは野山のいたるところに自生していたオオウバユリは、緑がかったクリーム色の長さ10~15センチの花をつけます。香りはなく、美しいというほどではありませんが魅力のある花です。オオウバユリの花

オオウバユリは種が発芽してから、6~8年と云う時間をかけて鱗茎に養分を貯めます。一生に一度だけ花を咲かせ、種ができると鱗茎も枯れて生涯を終えます。
 厳しい寒さに耐え、命を繋ぐために貯めた養分を使い切って一生に一度だけの花を咲かせた姿に感動を覚えます。

かつてアイヌの人びとはこの鱗茎からでんぷんを取って貴重な保存食にしていました。わたしも小学生の頃に掘り起こした鱗茎を蒸し焼きにして食べたことがあります。

トップへ戻る

季節のうつろい2015  ⇒ 8月上旬