はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

 ♪ 季節のうつろい ♪

 山の中にある定山渓は降雪量が多い地域です。

 玄関までの道は雪の屏風に囲まれているようです。

 給餌場にすずめが群がっていました。

 すずめより少し大きなヤマガラも来ていました。

 市内は降雪回数が少なくなり、雪解けもまじかなようです。

 融雪水を雨水桝へ導く水路を作りました。

 日中の気温が上がると、雪解けが進み春の足音が聞こえます。

 でも、まだ3月初め。降り積もった雪は圧雪アイスバーンになります。



2016年3月上旬 春はそこまで

札幌の奥座敷と呼ばれる定山渓温泉は、今年(2016年)開湯150周年を迎えました。1866(慶応2)年にアイヌの案内で、修験僧の美泉定山(みいずみじょうざん)が泉源と出合ったのが始まりとされています。

温泉街の中心部を流れる豊平川に架かる月見橋と定山渓大橋のそばにある高山橋に泉源が集中し、川岸や川底の岩盤の割れ目から自然湧出しています。
 湯音が60~80度のナトリウム塩化物泉で毎分8,600リットルも湧き出しています。

緑豊かな支笏洞爺国立公園内にある定山渓温泉まで札幌中心部から26km、JR札幌駅バスターミナル12番乗り場からバスが出ています。ホテルを予約すると無料送迎バスを利用できます。

トップへ戻る

季節のうつろい2016  ⇒ 3月中旬