はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

季節のうつろい2015

☆ 10月下旬 ☆

青紫の花をつけたイワツリガネソウ 岩場でイワツリガネソウ(イワシャジン)が咲きました。

細い綿毛に包まれているシモツケの種 シモツケの花が終わるとモソモソと這い出すような姿になりました。

小さなさくらんぼのようなワタゲカマツカの実ぶら下がっている籐の大きなさや ワタゲカマツカ(綿毛鎌柄)にはサクランボのように長い柄があります。

種を包んでいる桐の小さな丸い実  籐(フジ)は総状になった花が一つの豆果になります。

ススキの白い穂 ススキ(薄)が種を飛ばす準備をしています。

すずなりの姫リンゴ 姫リンゴは今年も豊作です。

楓の紅葉 秋はカエデが美しい季節です。

真っ青な空に白い雲 白内障のとき、二度と見れないと思った青空と白い雲。




☆ 手稲山に初雪が降りました ☆

サフランは早春に咲くクロッカスの仲間で、秋に松葉の様な細長い葉を伸ばしながら紫色の花を咲かせます。花が終わった後も葉は伸び、翌春の5月頃には枯れて休眠します。六枚の花弁を開いたサフランの花

花の中央部に赤い糸くずのような雌しべがあります。先端が3つに大きく裂けている雌しべを抜きとり、乾燥させたものが高価スパイスとして有名な「サフラン」です。古代ギリシャ時代から料理に利用され、スペインのバレンシア産のものが良質で最高級とされています。

1kgのサフランを得るには約17万本の雌しべが必要とされます。雌しべだけを集めて料理に利用するという、気の遠くなるような作業をだれが思いついたのでしょう。

季節のうつろい2015  ⇒ 11月上旬

トップへ戻る