はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

季節のうつろい2015

☆ 7月上旬 ☆

濃いピンクのサツキツツジ サツキツツジが鮮やかな色で満開です。

密集して咲いたラベンダー 安らぎを与えるラベンダーのムラサキ色。

子どもにエサを与えているアカゲラ アカゲラが頻繁にエサを運んでいます。

十羽の子どもを連れたカルガモ カルガモのお母さんはカラスを警戒中です。

水面を凝視しているサギ 朝食の小魚を狙っているサギ。

イボタの真っ白な花 真っ白な花をつけた垣根のイボタ。

分離帯で満開になった様々なバラ 環状線分離帯に白石区の花「バラ」が満開です。

白いミミズ状の栗の花 独特のにおい漂う栗の花。




☆ さくらんぼの季節 ☆

さくらんぼは花を鑑賞する品種のサクラではなく、果樹であるミザクラという種類になります。東洋系とヨーロッパ系とがありますが、日本で栽培される大半はヨーロッパ系のセイヨウミザクラ(西洋実桜)です。鈴なりの赤い実を見かけると夏の訪れを感じます。色づいたサクランボ

北海道産のさくらんぼは、明治時代に小樽市藤野園の水門の横で発見された「水門(すいもん)」という品種です。粒が大きく鮮やかな赤色になり、果肉が柔らかめで果汁がたっぷり、糖度が高くほどよい酸味があります。明治44年に「北光」という正式品種名がつけられました。

さくらんぼ生産がもっとも多いのは山形県の約1,290トンで、日本全体の約71%を占めています。世界全体の約21.3%を占める480,748トンを生産しているのはトルコです。

季節のうつろい2015  ⇒ 7月下旬

トップへ戻る