はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

季節のうつろい2015

☆ 5月下旬 ☆

道路上に広がった花びら 染井吉野が散ると花びらの絨毯が広がります。

満開の八重桜 八重桜が満開になりました。

開花したリンゴの花 リンゴの花は青空によく似合います。

ななまかどの密集した小さな花 ナナカマドの花が満開です。

毬のようなシャクナゲの花 シャクナゲが多くの花をつけています。

小さな白い釣鐘のようなドウダンツツジの花 ドウダンツツジも咲きました。

濃い紫色のライラックの花 ライラック(リラ)の花が満開です。

紫がかったピンクの花をつけたツツジ 色鮮やかなツツジも満開になりました。




☆ 花々の饗宴 ☆

タンポポの花が咲くと暖かな季節になったと感じます。タンポポの仲間は北半球の広い地域に約2000種が分布していると言われ、北海道には在来種のタンポポ以外にセイヨ広い草原に広がったタンポポの花ウタンポポが見られます。

明治初期に札幌農学校のアメリカ人教師ペンハローが、サラダの材料としてセイヨウタンポポを持ち込んで日本全国に広がりました。在来種との違いは、花の真下で茎との境目にあるガクのような総苞片(そうほうへん)で見分けます。
 在来種のたんぽぽは総苞片が上向きで、花が閉じているときはくっついています。西洋タンポポは総苞片が下向きで、花が閉じているときも開いています。

タイヤメーカーのブリヂストンは「ロシアタンポポ」と呼ばれる多年草から、タイヤの主原料となる天然ゴムを取り出すことに成功し、2020年以降の実用化を目指しているそうです。

季節のうつろい2015  ⇒ 6月上旬

トップへ戻る