はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

季節のうつろい2015

☆ 4月下旬 ☆

満開のヒヤシンス ヒヤシンスが満開になりました。

プリムラの丸い花 桜草の仲間、プリムラが咲きました。

大きなキタコブシのつぼみ キタコブシのつぼみが大きく膨らんでいます。

何かを食べているエゾリス 朝食中のエゾリスに出合いました。

色づいたななかまどのつぼみ ななかまどのつぼみが大きくなり始めました。

枝にとまっているキレンジャク キレンジャクが一息ついていました。

白樺の黄金色の穂(雄花序) 白樺が開花の準備をしています。

花びらの先端が見え始めたつぼみ 染井吉野のつぼみがはじけそうです。




☆ わくわくする季節の到来 ☆

北海道の平成26年度冬季シーズン降雪量は歴史に残る多さで、札幌市の道路除雪費は129億円、雪対策費が52億円で合計181億円の支出となりました。前年度より31群生するカタクリとエゾエゴサク億円も増加しています。

花と緑に満ちた暮らしを提案する緑化植物園の「豊平公園」は、札幌市営地下鉄東豊線の豊平公園で下車するとほぼ目の前です。野草園の見どころは4月で、今年のエゾエンゴサクは例年より10日も早く開花していました。カタクリも早々と7日も早く開花しました。

カタクリの花言葉は「初恋・嫉妬・寂しさに耐える」ですが、エゾエンゴサクの花言葉は「妖精たちの秘密の舞踏会」と云います。だれが考えたのでしょう。

季節のうつろい2015  ⇒ 5月上旬

トップへ戻る