はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

季節のうつろい2015

☆ 3月下旬 ☆

アスファルトが現れた道路表面 国道36号線には春が来ているようです。

道路わきに積み上げられた雪の山 生活道路の中央部の雪は溶けました。

小路に残る雪 小路へ入ると雪解けは遅れています。

暖かそうなモクレンのつぼみ モクレンがつぼみを膨らませました。

膨らみ始めたキタコブシの蕾 キタコブシも蕾を膨らませています。

三羽のマヒワ マヒワがエサをついばんでいます。

開花した福寿草 日当たりのよい庭で福寿草が花開きました。

まとまって伸び始めた水仙の茎 水仙が葉と茎を伸ばし始めました。




☆ 春を迎える準備 ☆

札幌市が政令指定都市に移行して区制となった昭和47年(1972年)に建設された白石区役所は、施設が老朽化して災害時の防災機能が不十分となり、公共交通によるアクセ建築中の白石区役スの不便さを抱えていました。

2015年(平成27年)3月から地下鉄白石駅(写真奥の建物)に隣接する地に、白石区役所及び区民センター等の関連施設の建設が始まりました。六階建てで目標耐用年数百年という長寿命化を目指しています。

白石区役所の建築用地は、札幌市中小河川洪水ハザードマップで「一階床下程度の浸水」及び「一階床上から二階床下程度の浸水」が想定されています。浸水の危険性が高い地下鉄白石駅に直結する白石区役所には、どのような災害対策が取られるのでしょう。

季節のうつろい2015  ⇒ 4月上旬

トップへ戻る