はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

季節のうつろい2015

☆ 2月上旬 ☆

 アイスバーン状の生活道路 シバレた道路はアイスバーン状態で危険です。

狭くなっている歩道 幹線道路の雪が積み上げられると歩道は狭くなります。

二人が並んで歩ける細い道 サイクリングロードも利用できるよう除雪されています。

除雪機械での除雪風景 早朝から賃貸マンションの駐車場除雪に大わらわです。

鈴なりのドイツトウヒの実 ドイツトウヒの種子が鈴なりです。

枝にとまったツグミ ツグミが仲間を呼んでいます。

枝にとまったスズメ 最近はすずめを見かけなくなりました。

ツルツルの路面に二人の子ども 子どもたちは、アイスバーンの上を平気で歩いています。




☆ しだいに寒さが厳しくなる毎日 ☆

1月26日に降った雨と2~3日続いたプラスの気温で積雪が解け、道路へ流れ出た雪解け水は夜になると凍り付いてアイスバーンをつくります。玄関前の除雪は不要でも、通勤者や買い物に出る人々の怪我雪の中で遊ぶ子どもたちが気になります。

気温+2.5℃の公園内で4~5人の子どもたちが、2つのグループになって遊んでいました。雪を掘って縁を少々高くした円形のサークルをつくっていますが、どのように遊ぶのかまるでわかりません。

2月に入ってもマイナスの気温が続きます。予報では-5℃~-7℃の日が続き、雪まつりが始まるころには除雪が欠かせない日々が続きます。

季節のうつろい2015  ⇒ 2月下旬

トップへ戻る