はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

季節のうつろい2015

☆ 1月下旬 ☆

玄関前の積雪 マンションの入口に新聞配達の足跡がついています。

町内を襲う吹雪 吹雪で町内は見えずらくなりました。

吹雪の中で遊ぶ子ども 吹雪の中でも子どもたちは元気です。

ビルもかすむ猛吹雪 夕方になると猛吹雪が襲ってきました。

外套の明かりもさえぎる吹雪 吹雪のため完全にホワイト・アウトです。

除雪風景 翌朝、団地自治会役員が出勤前に除雪をしています。

玄関前の積雪 一晩で15cm以上も積もりました。

積雪にタイヤの深い溝 玄関前にはタイヤの深い溝が残されています。




☆ 吹雪と降雪量の多さに驚く日々 ☆

降雪量は年々増加し、毎年1時間30分程度の除雪でしたが今シーズンは1回に2時間かかります。マンション居住棟の玄関前除雪回数は、1月20日の午後で27回目となり除雪が済んだマンションの玄関前ました。

マンションは防火壁で東棟と西棟に区切られ、東棟には80代が1名と70代が6名、西棟には80代2名と70代2名が居住しています。

買い物や通院のときに道が開いていなければ高齢者は難渋します。管理組合の理事長を下りてから、わたしが居住している東棟の周辺だけでも歩行の障害となる積雪を取り除き、万一のときにタクシーや救急車が近寄れ、災害時にはすみやかに避難できるように広く開けています。

季節のうつろい2015  ⇒ 2月上旬

トップへ戻る