はげちゃんの世界

人々の役に立とうと夢をいだき、夢を追いかけてきた日々

町内会運営体験 内容紹介 

マンションへ入居した翌年に社会福祉部長を依頼され、平成15年度から総務部長を兼務し、平成18年度から会計部長も兼務しました。平成19年11月から会計部長兼務の会長代行、平成21年度から二期4年間は会計部長兼務の会長を務めて引退しました。

第16章 見守りサポーター研修(セミナー)

2018(平成30)年8月2日、札幌市社会福祉センターで開催された札幌市社会福祉協議会主催による「地域見守りサポーター養成研修」で、石川晴美講師の講演「安心して暮らせる街づくりへの一歩」の要約に、調査した最新の情報を加えました。

トップへ戻る

第15章 ネット問題の学習会(セミナー)

2017(平成29)年12月21日、札幌市立豊園小学校で札幌市教育委員会主催で専門業者による「ネットの安全利用のための保護者学習会(基礎編)子どもとインターネットの問題を正しく知ろう」の説明を受け、百聞は一見にしかずの資料を集めました。

トップへ戻る

第14章 高層マンションの建設

2006(平成18)年1月31日に、幹線道路に面した東側の空き地に「15階建て分譲マンション建築計画」の標識が立ちました。マンション管理組合の反応は皆無のため、テレビ電波障害とビル風による周辺への影響や、通学児童の安全確保に留意しました。

トップへ戻る

第13章 記念誌の編纂

町内会の設立30周年記念事業で栞と記念品を配付し、30周年記念誌編纂の要請を受けてA五判140頁200部を20万円で自作しました。明治維新で仙台藩白石城より札幌市白石区東札幌へ移住した武士のまちづくりなどの前段部分36頁分を転載しました。

トップへ戻る

第12章 個人情報の保護と管理(セミナー)

2011(平成23)年1月27日に、白石区民センターで開催された社会福祉法人の活動研修会で拝聴した、札幌総合法律事務所の野崎弁護士の講演「個人情報に対する正しい理解と取扱いについて」より「要援護者支援と個人情報」の要約です。

トップへ戻る

第11章 防災減災の啓蒙

札幌市はマグニチュード7.8の月寒背斜断層帯による直下型地震を予測しています。西札幌背斜断層や野幌丘陵断層帯、石狩低地東縁断層帯も動く可能性があります。月一回発行の町内会広報紙(A四版4頁)で基本的な防災知識や情報を提供しました。

トップへ戻る

第10章 防災減災の勉強会

東札幌地区の防災意識は疎いとのうわさを耳にし、町民の防災減災意識を高めるべく講師を招いて勉強会や講習会を開催しました。札幌の地震対策や白石区の防災対策、防災資機材取扱い講習や救急救命、地域での支え合いや要援護者支援などを学びました。

トップへ戻る

第9章 各種防災対策

地域の財産である子どもたちが交通事故に遭わないよう見守る体制の確立と、不測の事故から町内会役員の安心安全の確保を推進しました。消火栓周囲の除雪や、町内広報紙を発行して想定されている震災への町内会の対応などをお知らせしました。

トップへ戻る

第8章 道路舗装と街路灯更新

町内道路は簡易舗装で民有地との境はアスファルトが崩れ、道路の表面にひび割れが生じて補修の痕跡だらけでした。写真を添付して重ねた陳情で完全舗装が実現し、町内会誕生当時に町民が資金拠出で設置した14基の街路灯はLEDライトに更新されました。

トップへ戻る

第7章 駐車違反の車両

他人の駐車位置を勝手に利用したり道路に自家用車を乗り捨てる運転手、標章の交付を受けた歩行困難者の親戚が専用にしている車。違法駐車車両の撃退に、西部劇のまねやネコ好きの娘の口調をまねたことも。洞爺湖サミットからの思わぬ贈り物に感謝しました。

トップへ戻る

第6章 公園の樹木剪定

2004年(平成16年)8月の台風第18号による倒木を教訓に、町内にある公園内樹木の剪定を町内会役員のボランティアで実施しました。公園緑化係のご協力をいただき天は自ら助くる者を助くを体験、32トンの幹と枝は堆肥原料になりました。

トップへ戻る

第5章 公園管理と落ち葉処理

町内の公園リニューアルでくずかごを撤去するとごみが激減しました。4年間の任期であるべき姿を求め、公園の整備や施設と遊具の保全、花壇の整備と芝生の草刈り、子どもたちの公園清掃に協力し、公園に広がる落ち葉の処理を事業化しました。

トップへ戻る

第4章 賃貸マンションのごみ

ネットをかぶせるだけのごみ置き場に、賃貸マンションの居住者が四六時中未分別のごみを捨てにきます。他町内の人が未分別のごみやタイヤ類を捨て、空き缶泥棒が横行しています。ルール無視の賃貸マンションに専用のごみ置き場をつくらせました。

トップへ戻る

第3章 カラス騒動

ごみ置き場に捨てられる生ごみはカラスを呼び寄せ、巣立ち時期になると頻繁に通行人が襲われました。やむを得ず子ガラスの保護と巣の撤去や忌避液を使用した対策を続け、ネットサークルを導入することで町内会員から喜びの声が聞かれるようになりました。

トップへ戻る

第2章 ペットの公害

エサを与えるので、駐車場の車の下や近所の物置内がノラネコのトイレとなりました。道路沿いの草むらに犬の糞が放置され、公園内への放置を警告する看板の下にも放置されています。犬をかわいがる行為とマナーは反比例するといううわさは本当でした。

トップへ戻る

第1章 町内会活動への参加

建物が35棟で公園がある一丁角の町内会にマンションが建築されて入居しました。マンション管理組合の初代理事長として町内会の出会いは広報紙の配付依頼と町内会費の督促でした。マンション住人は協力しないと云われるのを嫌い役員を引き受けました。

トップへ戻る